車検に必要となる費用の主な内訳

トラック

車検とは法で定められたもので定期的に受けなければいけませんが、業者によって料金にはすごく開きがあります。同じ車検でも2倍、3倍以上の差があることも。その理由はサービス内容に違いがあるからです。
ここで車検の主な費用内訳を見てみましょう。まず自賠責保険料、重量税、印紙代が必要です。ただしこれは業者を通じて国に納めるべき費用なので、業者の利益となるわけではありません。これプラス車検の基本料が必要最低限かかる費用です。ここまではどちらの業者を選んでもかかる費用なので、料金に差はありません。
これに点検・検査料、手数料、必要に応じて部品交換や修理をした場合の費用などを含めたものが車検代となるのです。
したがって車検代の安い業者は、点検や修理に関する費用が含まれておらず、保険料と基本料のみだということになります。このように車検を通すだけなら費用は安く済むのです。ただしご自身で車両の整備を常日頃から行っているならともかく、ただ安いだけの業者はお勧めできかねます。安全に運転をするためにも車両の整備は行ってもらった方が良いでしょう。
そのため業者を選んだらまずはどういった点検、整備内容なのか車検業者へ相談してみましょう。

最新情報

車検にかかる費用の一般的な相場とは

ヘッドライト

ひと昔前の車検は10万円単位の費用が必要な、とにかくお金がかかるものでした。しかし最近は安く車検を受けられる業者も増えてきて、マイカーを所有する人にとっては選択肢の幅も広がりました。例えば正規ディーラー、中古車販売店、民間の整備工場、ガソリンスタンド、車検専門のフランチャイズ店、カー用品店など、様々な場所で車検を受けることができます。費用やサービス内容などはそれぞれで異なりますが、整備の質を…

ヘッドライト

車検にかかる費用の一般的な相場とは

ひと昔前の車検は10万円単位の費用が必要な、とにかくお金がかかるものでした。しかし最近は安く車検を受けられる業者も増えてきて、マイカーを所有する人にとっては選択肢の幅も広がりました。例えば正規デ…

もっと詳しく

トラック

車検に必要となる費用の主な内訳

車検とは法で定められたもので定期的に受けなければいけませんが、業者によって料金にはすごく開きがあります。同じ車検でも2倍、3倍以上の差があることも。その理由はサービス内容に違いがあるからです。…

もっと詳しく

運転席

大切な愛車を安心して任せられる立会い車検

車検を受けた時に、当初の見積もり金額より高い料金を請求されるケースがあります。これはそもそも概算見積もりは車両の状態を目視して出すため、実際に整備をした時に故障個所が見つかると、その修理代を追加…

もっと詳しく

記事リスト